社会人の方は仕事の合間に睡眠時間を削って会話教室や独学で勉強していくと思います。しかし、学生の時と同じ方法で勉強していると結局勉強に長い時間をとられかつ結果も芳しくないことになりかねません。TOEICで履歴書に書けるスコアは600点からです。その600点をとるための目安としては700時間と言われています。かといってこの700時間きっちりやれば600点と取れるかというとそうでもありません。他の語学試験もそうですが目安となる勉強時間はあくまで目安であって効率的にできればはるかに短い時間で高得点や試験に合格も夢ではありません。
では、その効率的な勉強方法とはなにか。それは人によって違うという答えしかでないのです。そのため、まずはどんな勉強方法があるのか調べることが大事です。特にTOEICは勉強法の本や情報が溢れており、お金をかけずに体験談も交え情報収集ができる試験です。中には3週間で800点を叩きだす人もいるわけですから試験の全容を知る理由としても重宝すると思います。
また、TOEIC以外の試験についてですが勉強をしている人の数自体少ない試験では勉強法も確立していません。では、どうやって効率よく学ぶのか。それは学ぼうとおもっている言語の国の人と友達になるのが一番です。現代はネット社会、日本にいてもたくさんの外国人とコミュニケーションができます。フェイスブックやツイッターなどのSNSを利用するのもいいでしょう。そうした現地の人とのコミュニケーションに言葉を使い体験で覚えるのも良いということです。
社会人でなければ留学という選択肢もありますが、現実そうでない人が多いと思います。勉強方法も多種多様な方法があり混乱するかもしれませんが、受ける試験の情報収集に励み、試験の全容を把握し自分にあった勉強法を見つけ最小の時間で成果をだすようにしてみましょう。